私たちの染料

天然染料

野菜、植物または土壌染料としても知られている天然染料は、衣服を着色するだけでなく、その健康的特徴のために数世紀にわたって使用されてきました。 以下は、私たちが使用するもののいくつかです。

Indigo (Indigofera Tinctoria)

天然インディゴ(インディゴフェラ·ティンチャー)

 

染料の色:ブルートーン

インディゴは、世界で最も古い染料の1つであり、少なくとも6,000年前、南アメリカ、メソポタミア、古代エジプト、インドでで使用され、シルクロードを通って輸出されていた証拠があります。時と共にインディゴ布は、「ロイヤルブルー」から「ブルーカラー」に普及するにつれて、昔の贅沢から近年にかけて一般にも普及しました。

インディゴフェラ·ティンチャーは、マメ科植物であり、インディゴチン(染色に使用される色素)の優れた供給源であるだけでなく、作物の土壌条件を改善するためにも日常的に使用されていまする。

アーユルヴェーダの古代習慣はインディゴを強力なウェアラブル薬と考えており、皮膚と呼吸器官の健康状態および温度調節を治癒または助けるために他の植物と混合して布を染色する時に使われています。

実際には、インディゴは「染料」というよりも「コーティング」に近いです。私たちの糸や織物は発酵染料のポットに浸漬されていて(ポットの中の細菌はここの本当のヒーローであり、他の産業では強力な化学物質に置き換えられています)、深い色は連続した浸漬によって作られています。より深い色は数日間かけて作られ、最大16回浸漬と乾燥を繰り返しています。

Madder (Rubia Cordifolia)

マダー(ルビアフォリア)

 

染料の色:スカーレット/レッド/ピーチ/オレンジ/ピンク

ルビアフォリアは、コーヒーと同じ家系の開花植物です。 色の源はアリザリンと呼ばれる成分で、アジアや中東で古代から色素として栽培されています。 より最近の西洋の歴史においては、「レッドコート」と呼ばれていた17世紀の英国の兵士たちは、マダーで染色された服を着ていました。

 

マダーはBobbinのお気に入りの染料です。何故なら1本から取れる色が多彩で予測不可能だからです。暗い緋色の赤から明るい紅茶のピンクまで、そして鮮やかなオレンジ色や桃色まで様々な色を提供してくれます。

 

マダーは、何世紀もの間、着ることも飲むこともできる薬として使用されてきました。 インドでは、マダーの一種であるマンジスタが強力な抗酸化物質、抗炎症剤、抗菌剤としてお茶やチンキーの形で処方されています。 また、傷や慢性的な皮膚の症状を治癒するために局所的に使用されます。

Babul Bark (Vachellia Nilotica)

バブル·バーク(バチリア·ニロティカ)

 

染料の色:ブラウントーン

「アラビアゴム」と呼ばれ、食品や医薬品の抽出物として記載されているのを見た事があるかもしれないバブール木は、多くの文明にとって魅力的な存在でした。この木は根から種子、葉、そして小枝まで使用できます。実際、繊維質の枝は古くから使い捨て歯ブラシとして使用されています。Bobbinの父親は、子供の頃にイラク農村部の親戚を訪ねたときにも使っていました。

 

伝統的に、木の樹皮は(私たちが茶のように沸騰してコットンを茶色に染める)、伝統的に皮膚や眼の治療に使用されています。私たちが湿疹を治療する時に使用する好きなレシピは、熟した新鮮なマンゴーに樹皮エキスを混ぜ、局所的に塗布することです。

Myrobalan (Terminalia chebula)

ミルバラ(ターリア・チェブラ)

 

染料色:イエロー、カーキ、ブラック

この植物はインド全域で野生的に成長しますが、ヒマラヤ山脈のふもとで豊富に見られます。

ミルバラの植物は、天然染料のスイスアーミーナイフのようなものです。それは、媒染剤(それ自体が媒染剤および染料である)を単独で使用して褐色の黄色の色調を生成することができ、または明るい黄色の染料として、追加の媒染剤としてのミョウバンの助けを借りて使用することができます。 タンニン含有量が高いため、ミロバランは鉄化合物と反応して布にカーキと黒のトーンを作り出します。

IRON

染料色:カーキー、黒

いくつかの形で鉄を使用していますが、主な用途は発酵鉄です。私たちの染料ハウスは、錆びた釘、鉄のファイリング、古いドアハンドルばどを、数週間の間ジャギー(天然糖)と強い反応させ、醸造をします。

鉄だけでは生地は染まりませんが、ミリャランと一緒に機能し、カーキと黒の色調とプリント(上記参照)を作りだします。